電話でのご相談予約はこちら

0120-49-5225

平日9:30〜21:00 /土日祝 9:30〜18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

相談者が気づいていなかった賠償請求を提案し、300万円を獲得!

  • CASE731
  • 2022年09月08日更新
製造職
広島県
男性
40代
後遺障害等級:14級9号
傷病名:右手圧挫傷
労災支給額:88万2986円
会社からの賠償額:300万円
総額:388万2986円

業務内容

工場内でフォークリフトを使用してパイプなどを運搬する作業。

災害の状況

Aさんは、フォークリフトで運搬業務を行う前に、フォークリフトの爪の上に束ねてあるパイプをのせました。その上で、Aさんはパイプに不良がないか検品していました。
このような状況で、別のフォークリフトを運転している同僚が後方確認不足でAさんのフォークリフトに衝突してしまいました。その衝突により、Aさんのフォークリフトからパイプが崩れてきて、Aさんの手が挟まれました。
その結果、Aさんは右手に怪我を負いました。

相談内容

当初、Aさんは、労災申請に関する会社の対応に問題がないか相談するため、ベリーベスト法律事務所に来られました。

ベリーベストの対応とその結果

Aさんの話を聞くうちに、労災事故を理由として会社に対して損害賠償請求できることに気づきました。
しかし、Aさんはそのことに気づいていないようだったので、当事務所は、Aさんに損害賠償請求することを提案しました。
Aさんはそんなことができるのかと疑問に思われていたので、当事務所から丁寧に説明を行いました。
その結果、Aさんも状況を理解していただき、会社に対する損害賠償請求を当事務所に依頼してくれることになりました。

ご依頼をいただいた後、当事務所は、状況の把握と分析を行うため、すぐに労災の関係書類を取り寄せました。
その後、当事務所は、取り寄せた資料をもとに請求金額を計算した上で、会社に対して損害賠償請求を行いました。
会社は当初すぐに対応しようとしませんでした。しかし、当事務所が粘り強い対応を行った結果、請求金額とほぼ同じ300万円を解決金として払わせることに成功しました。

このように、労災事故で怪我を負った場合、労災保険からの補償だけでなく、会社に対して責任を追及できる場合があります。
労災事故で怪我をされて後遺障害を負ってしまった方は、ぜひベリーベスト法律事務所に相談してみてください。

全国の各オフィスから寄せられた解決事例をご紹介しております。(※ベリーベスト法律事務所全体の解決事例となっています)

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

広島オフィスの主なご相談エリア

広島市中区、広島市東区、広島市南区、広島市西区、広島市安佐南区、広島市安佐北区、広島市安芸区、広島市佐伯区、呉市、竹原市、三原市、尾道市、福山市、府中市、三次市、庄原市、大竹市、東広島市、廿日市市、安芸高田市、江田島市、その他市町村、中国地方(鳥取県、島根県、山口県)にお住まいの方

ページ
トップへ