0120-353-048

平日9:30〜21:00/土日祝9:30〜18:00

メールでのお問い合わせ 24時間・365日受付
メニュー メニュー

トラック運転手の残業代請求。弁護士が交渉し、2か月弱でスピード解決。約600万円の解決金を得た

  • cases874
  • 2024年05月20日更新
男性
  • 50代
  • 男性
  • トラックドライバー
  • 残業代
  • 長時間労働
  • トラックドライバー
  • ■職業(雇用形態) 正社員
  • ■解決結果 交渉で約600万円を得て解決

ご相談に至った経緯

ご依頼者様(Aさん)は廃棄物処理等を行う会社に勤務するトラックドライバーで、1日17,000円の日給計算で給与を支給されていました。
勤務時間は1日8時間では収まらない日が大半ですが、19時を超えた時間について1日1,000円の手当が支給されるだけの状態でした。

ご相談内容

Aさんは残業代が支給されていないことに気がつき、ベリーベストに相談にいらっしゃいました。
会社には円満退職することとして休暇を消化しつつ弁護士と相談して、退職して残りの給与を受け取った後で会社と交渉することを考えたのです。

ベリーベストの対応とその結果

Aさんは会社から毎月の勤務時間の記録を渡されていたので、これに基づいて残業代を計算することにしました。
(Aさんの記憶では、勤務時間の記録は実際に働いた時間と大差はなかったのでそのまま計算の根拠として使っても問題はありませんでした。)

その後、すぐに会社側も代理人弁護士に依頼して交渉を行い、具体的な金額を提示してから2ヶ月弱で一定の金額で妥協して会社側が残業代を支払うことで合意し解決しました。

本件では、明確な勤務時間の記録があったことが比較的スムーズな解決につながりました。
残業代請求の問題では、やはり勤務時間の根拠となる資料が決定的に重要です。

全国の各オフィスから寄せられた解決事例をご紹介しております。(※ベリーベスト法律事務所全体の解決事例となっています)

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-353-048

平日9:30〜21:00/土日祝9:30〜18:00

メールでのお問い合わせ
24時間・365日受付

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

広島オフィスの主なご相談エリア

広島市中区、広島市東区、広島市南区、広島市西区、広島市安佐南区、広島市安佐北区、広島市安芸区、広島市佐伯区、呉市、竹原市、三原市、尾道市、福山市、府中市、三次市、庄原市、大竹市、東広島市、廿日市市、安芸高田市、江田島市、その他市町村、中国地方(鳥取県、島根県、山口県)にお住まいの方

ページ
トップへ