電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

人を騙してお金を手に入れようとしたと疑われ、一貫した無罪主張、意見書提出等をし、最終的に不起訴処分となった

  • cases237
  • 2017年09月26日更新
男性
  • 男性
  • 財産事件
  • ■犯罪行為 詐欺
  • ■罪名 準詐欺未遂
  • ■解決結果 不起訴

事件発生の経緯

身に覚えがないのに、女性を騙してお金をおろさせようとしたと決めつけられ逮捕勾留されてしまった方から、犯罪はしていない旨の主張をして欲しいという依頼を受けました。

ご相談~解決の流れ

一貫した無罪主張、勾留に関わる意見書提出・準抗告、勾留執行停止の申立て、勾留理由開示請求、抗議書提出等、短期間の間に様々な活動をしました。

解決のポイント

勾留執行停止、一部の者に対する接見禁止請求却下が認められ、最終的には不起訴処分となりました。

全国の各オフィスから寄せられた解決事例をご紹介しております。(※ベリーベスト法律事務所全体の解決事例となっています)

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

広島オフィスの主なご相談エリア

広島市中区、広島市東区、広島市南区、広島市西区、広島市安佐南区、広島市安佐北区、広島市安芸区、広島市佐伯区、呉市、竹原市、三原市、尾道市、福山市、府中市、三次市、庄原市、大竹市、東広島市、廿日市市、安芸高田市、江田島市、その他市町村、中国地方(鳥取県、島根県、山口県)にお住まいの方

ページ
トップへ