電話でのご相談予約はこちら

0120-49-5225

平日9:30〜21:00 /土日祝 9:30〜18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

交渉の結果、労災保険支給額以外に、会社から1100万円の賠償金を獲得

  • CASE716
  • 2022年04月01日更新
女性
製造職
埼玉県
女性
50代
後遺障害等級:11級5号
傷病名:第11、12胸椎圧迫骨折
労災支給額:182万2900円
会社からの賠償額:1100万円
総額:1282万2900円

業務内容

食品加工工場での食品製造業務

災害の状況

Aさんが、食品の入ったプラスチックコンテナを運搬中、濡れている床面で足を滑らせ転倒し、背中を床面に打ち付け、第11、12胸椎を圧迫骨折してしまいました。

相談内容

相談時は、まだ治療中でしたが、会社への対応の仕方や、請求額などがわからないため、会社と交渉してほしいということでご依頼されました。

ベリーベストの対応とその結果

会社側にも代理人が就いており、数回の交渉で、争点は休業損害と過失割合に絞られました。

休業損害は、Aさんが兼業主婦であったため、「賃金センサス」の女性労働者の全年齢平均給与額又は年齢別平均給与額(専業主婦の年収額とみなされる額)により算定した額を基礎収入として請求できるかが問題でしたが、交渉を重ね、会社に認めてもらうことができました。

過失割合については、会社が当初から8割の過失を認めていましたので、Aさんの過失割合をいかに少なくできるか交渉を重ねました。
会社提示の8割という回答は、会社がある程度の非を認め、そもそも譲歩してきたものでした。
そのため、さらなる譲渡にはなかなか応じず、時間がかかりましたが、粘り強く交渉した結果、およそ1.5:8.5の過失割合相当の金額で解決し、交渉開始時よりも200万円以上増額して和解することができました。

全国の各オフィスから寄せられた解決事例をご紹介しております。(※ベリーベスト法律事務所全体の解決事例となっています)

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

広島オフィスの主なご相談エリア

広島市中区、広島市東区、広島市南区、広島市西区、広島市安佐南区、広島市安佐北区、広島市安芸区、広島市佐伯区、呉市、竹原市、三原市、尾道市、福山市、府中市、三次市、庄原市、大竹市、東広島市、廿日市市、安芸高田市、江田島市、その他市町村、中国地方(鳥取県、島根県、山口県)にお住まいの方

ページ
トップへ